--
----
--
tb* -
com*-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015
0413
Mon
tb* -
com*-

自分の仕事に対する姿勢を改めて考えさせられた

去年の冬に、足が痛くなり歩けなくなるほどで、病院に行き、そのまま入院しました。結節性紅斑という病気で、安静にしていれば2週間ほどで治るというものでした。しかし、入院といつことがあまりにショックで、泣きながら個室へ入った記憶があります。寝返りを打つのも痛いので、歩くのなんてとてもできませんでした。
大部屋ではなかったので、お風呂は自由に使えたのですが、足が痛くてはいるきにもなれませんでした。当時一人暮らしで、実家も遠かったため、入院初日はすべて自分でやらねばいけなかったのがとても心細かったです。入院二日目に、前日にお風呂に入れなかったのでなんとか洗面台で髪の毛だけ水に濡らし、顔を洗いました。車椅子で院内をうろついていたら、前日お世話になった看護師さんが、私の濡れた髪の毛をみて「髪の毛洗ってあげる!」といってくれました。
多分濡れてた分、脂?でベタベタだと思われたのでしょう。看護師の仕事、といえば仕事としてあたりまえなのかもしれませんが、
そのときの私にとってはその看護師さんの「気づき」がとても心にしみて、嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。私は学習塾で教師をしているのですが、ふだん、子供達のささいなことに自分は本当に気づいてあげられているのだろうか、とこの体験で振り返ることができました。いまはすでに退院していますが、この看護師さんの温かい行動を胸に刻んで日々仕事に励んでいます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。